トイレトレーニングの嫌がるときの対処法と実体験とメリット

簡単知育

トイレトレーニングの嫌がるときの対処法と実体験とメリット

こんにちわ!ハピママです♪

今回はオムツトレーニングのコツを実体験を絡めてお話しますね。

どうしても嫌がる!そんなときの対処法など紹介します!

正直私はこのトイレトレーニング結構苦労しました!笑

イヤイヤ期の最中などは特に大変!

でも焦らずゆっくりやっていきましょう。

「今は無理だな」って思ったら1回中止してもいいんですよ

 

トイレトレーニングのメリット

メリット1オムツトレーニングで尿意や便意を覚えてることでの成長

オムツが取れれば本当の意味で赤ちゃんじゃなくなりますよね

自分でトイレに行くことを覚えることで自己管理力が向上

ママにとっても目に見えるわかりやすい成長で嬉しいことです♪

 

ただ、オムツを変えれる幸せも大事にしましょう!

子供の成長は本当に速いので今オムツを変えてるとき

時間がないとき大変だったり、おしりがかぶれちゃったりして

色々ありますよね。ママの苦労ですね!

何万回と変えてきたオムツですが、子供の成長と同時に終わりが来ます。

嬉しいことでもあり意外と悲しいことでもあるんですよね!

 

トイレトレーニングが終われば一生その子のオムツを変えることが

なくなるということを忘れないでおきましょう!

 

メリット2 オムツ卒業で楽しいプールに行ける!

オムツが取れていない子供は禁止のプールって意外と多いんですよ!

特に流れるプールや大きい施設のプールはほとんど禁止されています。

水遊び用オムツもだめなんです。

水遊び用オムツが許可されてるのは小さい市民プールくらいです。

 

トイレトレーニングが終わりオムツが取れれば楽しいプールデビューが待っています。

プールは体にも良いですからね!

メリット3 可燃物のゴミが大幅に少なくなる

オムツって結構ゴミのスペース取りますよね?

あれきつくないですか?笑

オムツが取れるとゴミまですっきりしますよ!

嫌がるときの対処法

1番の近道は嫌がる原因をしっかり理解すること

子供に直接聞いてみましょう!でもここで注意が必要です。

トイレトレーニングを嫌がっているときに聞くのではなく

機嫌が良いときに聞きましょう!

これがすごく大事なんですよ。

私の場合トレーニングパンツを嫌がっていて、嫌がっているときに

「どうして嫌なの?」って聞いても「いや!いや!」としか答えてくれません。

でも、機嫌が良いときにふと聞いてみると

「だってパンツおしっこでちゃうもん。トイレめんどくさいよ!」

答えてくれましたよ!

ということでまずは嫌がる理由をママがしっかり理解してあげましょう

がんばったシールをあげよう!褒めるときは大学受験に受かったとき並に!

うちの場合はトイレに行っておしっこを出来たときに

トイレの壁にがんばったシールを1枚貼るようにしました!笑

じゃ5枚貼れたらアイス屋さん行こうね♪

とさらにがんばることを積み重ねることでご褒美をあげましょう!

枚数を数えることで数字の勉強にもなります。

 

これが意外とツボにハマったようで!嬉しそうにがんばったシールを貼っていましたよ。

もちろん自分で貼らせてあげますよ!

大事な壁紙にシールなんか貼ってママは後悔してないの?

もちろん後悔しているわ♪
どうしてあの時、壁に白紙を貼ってそこにシールを貼らせるように

っていう発想が出なかったのかしら!

ちなみにがんばったシールは100均などに売っているから探してみてくださいね。

 

 

それとおしっこが出来たときに我が子が大学受験に受かったかのように

盛大に褒めてあげましょう!

子供にとってママに褒められるのは最高のご褒美です。

トレーニングパンツは自分で好きなものを選ばせよう!

これは基本ですよ!やっぱり自分が好きなキャラクターや柄のほうが

積極的に取り組む姿勢を作りやすいですよ。

うちはど定番のあんぱんまんでした!

 

遊んでいるときなど機嫌がいいときに、「トイレ行くよー」と

声がけもまめにしてあげましょうね!

まとめ

いかがでしたか?

すごいテクニックなんてものはないんですよね!

テクニックではなくどれだけ子供をその気にさせられるかで

決まってきます。トイレトレーニングは精神的な部分の問題なんです

そこをママが理解してあげてがんばる方向に持っていってあげましょう!

それと遊んでるときなどの声がけも頻繁にしましょう!

子供が成長することでママの成長にも繋がる。

やっぱり子育てって素晴らしいですね。

それでは素敵なトイレトレーニングがんばってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました